箪笥部屋の整理をするといつも、着


箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、祖母や母の思い出があるしと、適当な処分先が見つからず放置してきました。ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。状態次第では高額になるみたいですし、着物専門のお店なら、大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。

もう着ない着物を買い取ってほしいとき最大の関心事は着物の価値を正しく評価した査定額かしかないでしょう。果たして相場があるのか?と思うでしょうが相場はあってないようなものです。品質をはじめ、保管状態、丈や裄などのサイズによって、そうした条件を全部考え合わせて査定されます。着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。
古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、和服買取をしてくれる業者というのが増加する傾向にあります。ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、もっとも気になるのは、着物買取を謳いながら、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった不法な商売をして問題になっているところもあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。
最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。たとえば、着物の出張査定を頼んだだけなのに、アポ無しで来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。誠実な業者であれば、そういった心配は不要でしょう。
日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地がその名につくブランド品です。代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きなら持っていて当然と言える有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高額買い取りもよく耳にします。着物の状態が査定額を左右することはもちろん、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどの着物でも変わりません。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。新しくて着ずれ感がない着物などが良い値段がつき、色あせや虫食いなどがあると、査定額もぐっと落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるようでした。値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。
普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、具体的に処分を考えたら、価値相応の価格で買い取ってもらうために買取業者さんの評判を確認しましょう。たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い業者さんにあたりをつけたら、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べるのです。高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、満足のいく結果も出やすいと思います。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定額は何で決まるのかネットであれこれ調べてみました。ものが良くて、買ったときに高かったというのは高値がつく最低条件ですが、さらに、シミや傷がついていないかどうかも査定価格を左右するようです。素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても査定のときに傷が見つかったら大きく価値が下がってしまう感じです。先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ梱包しなくても、電話すれば自宅まで取りに来てくれるところも何軒もあってびっくりしました。売りたいものを全部まとめると大変な数で自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と頭を抱えていたので実にありがたい話です。

このごろ、着物専門のリサイクル業者のWEB広告を目にする機会が増えました。箪笥の肥やし状態で放っておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、劣化は避けられないので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。状態が良く新しいものは、リサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。
いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。いくら着物として上等であっても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば大幅に安くされるのが当然といえば当然です。ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取の交渉もできるかもしれません。どんな場合も、安易に決め込むのではなく、無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

参考:反物買取の相場について【私の体験】売るならどこに売るのがいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です